オートバトルについて

オートバトル機能について

オートバトル機能とは

オートバトル機能は、ランダムエンカウントの戦闘、同時に助っ人や乱入者がいないソロ戦闘において、
スキルや魔法を自動的に使用する機能です。
ステータス画面からオートバトル機能にスキルや魔法をセットする事で、
ランダムエンカウントする敵に対しての戦闘を補助してくれます。

スキルオーダーについて

スキルオーダー1

ステータス画面を開き、「スキル設定」ボタンを押します。
スキルオーダー画面では、戦闘時のスキル選択ボタンの順番をカスタマイズすることが可能です。

スキルオーダー2

オートバトル機能へのスキルセットについて

画像1

ステータス画面を開き、「スキル設定」ボタンを押した後「バトルAI設定」タブを押します。
オートバトル機能セット画面が開きますので、優先的に使用したいスキルや魔法を順番に選んでセットします。

※戦闘では優先順位が高いものから順番に使用します。

※戦闘の途中から助っ人が参戦した場合、オートバトル機能は適用されなくなります。

次にセットしたスキルや魔法を自動的に使用するかを設定します。
最後にスキルセットボタンを押す事でオートバトル機能へのスキルセットが完了します。

画像2

オートバトル機能での戦闘について

オートバトル機能を使用して戦闘を行うと、コマンド入力時間内に何も選択されていない場合にのみ、
オートバトル機能にセットされているスキルや魔法を優先順位の高い順に自動的に使用します。
その際、リキャストが発生しているスキルや魔法は使用されず、次に優先順位の高いものが自動的に使用されます。
尚、回復魔法、状態異常回復魔法、蘇生魔法に関しては、それぞれHPが減っていない場合、状態異常中でない場合、
力尽きていない場合は自動的に使用されず、次に優先順位の高いものが自動的に使用されます。

※回復魔法は、HPの割合が最も減少しているユニットに対して自動的に使用します。
※回復魔法はHPが50%以下になったユニットがいる場合、優先順位に関わらず自動的に使用します。
 その際の優先度は主人公→自身となります。

行動の優先順位について

オートバトル機能を使用している場合、戦闘中は以下の優先順位で行動します。

画像3

スキルマスタリーについて

スキルレベルを一定まで上昇させると、マスタリースキル枠にスキル/魔法をセットすることが可能となります。
マスタリーアイコンをクリックすることで、通常のセット枠とマスタリースキル/魔法のセット枠を
切り替えることができます。
サポートスキルとして設定したスキルはマスタリースキルに入れることはできません。
サポートスキルの方がスキルレベルが高い場合でも、表示されるのは本人が持っているスキルとなります。
マスタリースキル枠にはスキル/魔法それぞれ2つまでセットが可能です。

スキルマスタリーについて1

セットすることが可能なレベルはスキル/魔法によって異なります。

スキルマスタリーについて3

スキルマスタリーとして設定可能になるスキルレベルはスキルの詳細画面内に表示されます。

パッシブスキルについて

パッシブスキルはセットしておくことで、確率や特定の条件を満たすことにより戦闘中に効果を発揮するスキルです。
なお、パッシブスキルは最大6つまでセット可能です。
サポート魔物が所持しているパッシブスキルはセットできません。
また、 サポート魔物にセットしていても効果を発揮しませんのでご注意ください。

パッシブスキルについて